【お出かけ・旅行】

至上の印象派展「ビュールレ・コレクション」に行ってきました@九州国立博物館

こんばんは!

 

 

昨日、太宰府天満宮に行ったあと九州国立博物館へ。

 

 

至上の印象派展

「ビュールレ・コレクション」

が開催期間中。

絵のことはよく分からないんですけど、せっかくなので入ってみることに(^-^)/

 

 

 

至上の印象派展「ビュールレ・コレクション」とは

スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られています。主に17世紀オランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さゆえ世界中の美術ファンから注目されています。 この度、ビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現することとなりました。本展では、近代美術の精華といえる作品64点を展示し、その約半数は日本初公開です。

出典:至上の印象派展「ビュールレコレクション」

 

 

展示されている作家

ドラクロワ(1798 – 1863)

ドガ(1834 – 1917)

マネ(1832 – 1883)

ルノワール(1841 – 1919)

ファン・ゴッホ(1853 – 1890)

ゴーギャン(1848 – 1903)

モネ(1840 – 1926)

セザンヌ(1839 – 1906)

マティス(1869 – 1954)

ピカソ(1881 – 1973

出典:九州国立博物館

 

 

ルノワール、マネ、モネ、ゴッホ、ピカソなど、有名作家の見応えある作品がずらり。

撮影OKのものもありました。

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》

 

 

クロード・モネ
《睡蓮の池、緑の反映》

 

 

 

絵に関して詳しくない私でもしばらく立ち尽くしてしまいました…

この展覧会のあとは、海外の美術館に保管されるそうです。

展覧会は7/16まで(^-^)/

 

 

詳細

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
毎週金・土曜日は午後8時まで夜間開館(入館は午後7時30分まで)

 

通常券観覧料

一般 1,600円 1,400円
高大生* 900円 700円
小中生* 500円

 

会場
九州国立博物館
3階特別展示室
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2

 

公式サイト

http://www.buehrle2018.jp/

 

 

 

それでは!

りこ